私を形成する『影』の部分。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新居
私は昔から分譲マンションが欲しくて、OLに
なり始めた当初からボーナスなどを預金していた。

10年近くOLをやっていると、貯蓄残高も
そこそこのまとまった金額になって行くものだ。

私達は二人で新しく『家庭』を築く場所として
賃貸マンションを探していた。

実家は父の『持ち家』だったので、私自身
賃貸マンションに対する知識はあまり無かった。

生活するのに便利な場所を限定していくと
間取りが狭いにも関わらず、賃料が高いものだ。

私は物件を探しているうちに、賃貸マンションに
こだわっているのが、もったいない気がして来た。

元ダンナに「家を買いたい」と話し、自分自身で
ある程度の蓄えが有ることを初めて明かした。

元ダンナは驚いていたが、文句を挟む余地は無い。
本人は一銭も頭金を用意できないのだから。

まだ元ダンナと入籍していない時だったので
私は父と共同の名義で中古の戸建を購入した。

いずれ父の持分を元ダンナへ名義変更するつもりで。

その時に購入した家に、今は私一人が暮らしている。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 茜色の影法師. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。