私を形成する『影』の部分。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
介護
『病院』という所は回復の見込みの無い者は、ある一定の
入院期間を経過すれば、非情にも転院させるようだ。

父が入院して3ヶ月が経つ頃、今度は少し山手に有る
『リハビリ』専門の病院へ転院することが決まった。

転院当日、私達家族は主治医から父の病状について説明を
受けるが、ここでもやはり父は「回復の見込みが無い」と
断言されたのである。父は最終的にどうなるのだろうのか。

私は勤務先の定休日や日曜などは、昼前から病院へ出向き
晩になるまで、父の傍で食事や排泄の補助をしていた。

しかし専業主婦だった母は、ほぼ毎日介護に出向いていた。

転院先は今までと違い、少し遠い場所に有ったので電車を
乗り継ぎ通院し、回復の見込みの無い父に一日付き添う。

ある程度の期間入院すれば、いずれまた転院若しくは
自宅に父を連れ帰り、無期限の介護生活が始まる。

ある晩、私宅に電話を掛けて来た母は泣いていた。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 茜色の影法師. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。