私を形成する『影』の部分。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決断
結婚して二年目の春を迎え、私は元ダンナと
『離婚』することを具体的に考え始めていた。

私は母に会う度に、今度は離婚に向けて相談していた。
この頃の私は親離れが出来ていなかったのかもしれない。

母は『母親』であって、決して『友人』では無いのである。
私は母に離婚の相談を持ちかけることによって
母を夫婦間の問題に巻き込んでいたような気がする。

ほぼ方向性が見えて来たので、私は元ダンナに初めて
「離婚を考えている」と告げた。元ダンナは黙っていた。

この時元ダンナは「自分に非が有った」と思っていたのか
「来るべき時が来たな」と思っていたのか、それは今でも
わからないが、私の下した『決断』に納得したようだった。

私は離婚後に旧姓に戻るつもりだった。特に深い意味は無い。
まず旧姓で銀行口座を開設し、その帰りに役所で離婚届を
入手した。窓口の職員から用紙を受け取る時に少し手が震えた。

「この選択で良かったのだ」と自分自身に言い聞かせ
私は離婚に向けての準備を着々と進ませていた。

私達の住んでいた家は、私が父と共同名義で購入したもので
いずれ父の持分を元ダンナへと名義変更するつもりだった。

しかし名義変更する前に離婚することが決まると、必然的に
元ダンナが家を出て、私が居座る形となってしまう。自宅を購入
していたせいか、私は離婚後に実家へ戻ることは考えていなかった。

結婚と同時に入居した家に、離婚後は私一人が暮らすことになる。

私は突然、得も言えぬ不安に駆り立てられた。

私は元ダンナが家を出た後も、ここに住み続けなければならない。
世間は離婚して居座っている私を、どのように見るのだろう。
果たして平常心で、この地に住み続けることができるのだろうか。

それまでの離婚に向けての頑なな『決断』が一気に揺らいだ。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 茜色の影法師. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。