私を形成する『影』の部分。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハネムーン
妹に第二子が誕生して、自分が『妊娠』しない私は
内心で早く子供が欲しいと少々焦り始めていた。

知人から「SEXする環境が変われば妊娠しやすい」
と聞いていたので、二人で旅行してみることにした。

私達がした旅行と言えば、夏に元ダンナの両親が住む
南国に帰省したものだけだった。二人っきりの旅行
では無いし、SEXできる環境でも無かった。

旅行の申し込みをしたのは『夫の嘘』が発覚する
前だったので、私は複雑な気持ちで出掛けた気がする。

年末から正月にかけての一番代金の高い時期に
私達は北陸地方の温泉街に宿を取っていた。

大々的に宣伝しているわりには、料理もイマイチで
旅館側は繁忙期の為、私達は点々と部屋を移動させられた。

冬で外は寒く雨続きだった。私達は宿泊先だけでなく
天候にも見放されたのだ。『夫の嘘』が発覚した後の
旅行でも有り、そんな環境で妊娠などするはずが無い。

帰宅してから私は実家へお土産を持参した。

「旅行はどうだったか」と尋ねて来た母は、娘に
「楽しくなかった」と答えられ、とても驚いていた。

これが最初で最後の、二人っきりの旅行となった。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 茜色の影法師. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。