私を形成する『影』の部分。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結婚式
私達は入籍したが『結婚式』を挙げることについては未定だった。

入籍して1年経ち、私の母が「けじめとして一度披露宴
などをやってみてはどうか」と話を持ちかけてきた。

確かにこれから、今よりは確実に年齢を重ねて行くので
そうなる前に、みなに披露しておくのも良いかと思った。

元ダンナは乗り気ではなかった。

『祝い金』の二重取りになるのではないかという不安と
何より、義母が入院してから2ヶ月ほどしか経って
いないのになんと無神経な発言かという怒りからだった。

義母の件については無神経かとは思ったが、すでに退院
しており自宅療養中だったので、問題は無いと思った。

『祝い金』の二重取りの件については、そこまで羽振りの
良い親戚や友達などは居ないと思ったし、私達が費用を
全額負担すれば、そちらもなんら問題は無いと思っていた。

私は自分の意見を通すため、元ダンナを説得した。

この頃すでに元ダンナは、自分の思い通りに事を
運ぼうとする私を不快に思っていたに違いない。

結婚式及び披露宴はいわゆる『地味婚』となった。自宅で
療養中だった義母も南国から駆けつけることができ、私は
とても満足していたが、元ダンナはどう思っていたのだろう。

入籍して3ヶ月ほど経った頃『花嫁衣裳』を着て撮影した
アルバムが、いまだに押入れの片隅に残ったままだ。

離婚する時に処分しても良かったのだが、そこには
幸せな結婚生活を夢見ていた若き日の私の姿が写っている。

離婚してしまう結果など微塵も想像せず、アルバムの中で
微笑んでいる私自身を哀れに思い、処分できていない。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 茜色の影法師. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。