私を形成する『影』の部分。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きっかけ
私は離婚してから7年が経つ。

元ダンナと知り合ったのは、当時の彼氏と破局した直後だった。

当時の彼氏はあまり好きなタイプではなかったが
1年半ほど惰性で付き合っていて、そんな男でも
いざ別れてしまうと、寂しいものである。

まるで『アクセサリー』のひとつを失ってしまったように。

私自身は破局してしまったことに、さほどショックを
受けていなかったのだが、友達は色々と気遣いをしてくれた。

その頃、友達が付き合っていた彼氏の会社の同僚で
一人紹介してもいい人物が居ると話を持ちかけられた。

それが7年前に別れた『元ダンナ』。

年齢は少し離れていたが、好みのタイプだった。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 茜色の影法師. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。